ブログ記事

イタリア夏のバールの”クレーマディカフェ”について~夏休み自由研究レシピ~

マーブリングアーティストらっくあまるもです。
改めてですが、イタリアには本当にたくさんの美味しいものがありますよね~。そんなイタリアに滞在して、もっとイタリアを好きになり、帰国度後行き来もするらっくあまるも目線で、紹介していきます。

夏になるとバールに登場してくるクレーマディカフェ

写真:クレーマディカフェ

季節は夏本番ですね。

イタリアの夏にはあいつが欠かせないです。

バールに登場するメニューなのですが、イタリアの暑い夏には欠かせないドリンクですよ!!そう。

“クレーマディカフェ(カフェクレーマ

私はなんだかカフェクレーマで認識していた(マシンにそう書いているバールがあったと思った。。。)のですが、クレーマディカフェが一般的?みたいです。
インスタ等でハッシュタグ検索をすると#クレーマディカフェの方が多かった。。。

クレーマディカフェとは何ぞや。

写真:クレーマディカフェ

クレーマディカフェとは

コップに入った、カフェオレのフローズンのようなものです。
コーヒーが苦くて飲めない方でも楽しめる、アイスクリームみたいな感覚で食べれるものです!甘くて美味しいですよ

どこにあるのかは、夏期のイタリアのバールです。

バールにカフェオレ色のフローズンマシンみたいなのが置いていれば、クレーマディカフェを取り扱っていること、大方間違いないかと思います!結構外からでも目につく場所に置かれていたりしますよ。

バールとは、カフェのようなお店で、エスプレッソをはじめとした飲み物やパン、ちょっとしたお洋菓子などが取り揃えてあります。イタリア人、朝ごはんはバールで簡単に済ませる人も多いようです。
日本のカフェのような存在ですが、イタリアのバールは日常に文化として根付いているイメージ。でもやはり食にこだわるイタリアなので、リーズナブルなのになんでもめちゃくちゃ美味しいです。

イタリアはパンやケーキなども買いやすいお値段でめちゃくちゃ美味しいんですよ。
バターと小麦粉がとっても安いし、フルーツも安いのでこのコスパが実現するのかもしれないなーと思います。

バールでの注文

写真:ローマ市内の有名カフェSant’Estachio Il caffe
ローマ市内の有名カフェSant’Estachio Il caffe

前払いで先にオーダーしちゃう式のお店の場合は、レシートを先に出してもらって、それを食券代わりに店員さんに魅せる感じです。が、後払いのカフェもあります。
ややこしいときは、注文の時に先に把握しておくといいかと思います!なぜならバールって混んでるときに店員さんを捕まえて喋りかけるの一苦労なので。。店員さんが常連さんと一生お喋りしながら仕事してたりするので、なかなか割って入れない。。。

あと、イタリアは席に座ると料金がかかる場合があるので注意が必要です。その場合、立ちのカウンターもありますし、店員さんはちゃんと教えてもくれます。

写真:ローマ市内の有名カフェSant’Estachio Il caffe
ローマ市内の有名カフェSant’Estachio Il caffe

バールでのエピソード1”イタリアの人は立ち飲みスタイルなのか事件”

写真:マテーラ新市街のカフェCaffe Schiuma di Rocco Luigi Schiuma
マテーラ新市街のカフェCaffe Schiuma di Rocco Luigi Schiuma
写真:マテーラ新市街のカフェCaffe Schiuma di Rocco Luigi Schiuma

一度、マテーラの新市街の美味しいバール(ここはパスティッチェーリア洋菓子屋さんなのかな。。。)で、朝ごはんを食べたことがあるのですが、そのお店は特に席の、料金の取られないところでした。
にもかかわらず、立ちのみに群がるイタリア人達、、、流石に席めちゃくちゃ空いてるし座りなよ!って思いました笑

バールでのエピソード2”朝は軽めなのが常識のようで。。。”

写真:らっくあまるもの朝ごはん

私は結構食べてみたいものを自由に注文してしまうので、朝からパンやらシュークリームやら甘いやつやらを2、3個くらい注文してしまうのですが、店員さんにはだいぶびっくりした顔で見られてます。笑
イタリア人は朝はエスプレッソのみ。すっと飲んでさっと出ていくような人が結構多いのかなというイメージでした。

そんな時はいつもアジア顔な自分に縋りつきながらしょうがないじゃんって堂々と注文出来るので、この時ほど自分の顔に感謝してしまうことはないかも笑

そんなバールは町の至る所にあります。
駅の構内や空港にももちろん。
なんだか、コンビニのような感じもしてきます。

是非とも、イタリアに行った際はいろんなバールへ立ち寄ってみてはいかがでしょう。
そして夏の時期には是非クレーマディカフェを試してみては?

クレーマディカフェを日本で楽しむ方法を考案してみた。

自由研究課題を小学生の誰もが考えるこの季節、わたしも頭を捻って考えてみた。

誰でも簡単にクレーマディカフェを味わえる方法を考えた結果、

マクドナルドのマックシェイクバニラとエスプレッソを混ぜてみたら作れるんじゃないか!?

と思い立ち、作ってみることにした。まず、エスプレッソから作ることに。

手軽に楽しめる”クレーマディカフェ”アレンジレシピ

写真:クレーマディカフェをつくってみよう

コーヒー派じゃない私はエスプレッソってどうやって作るんだよ!ってなり、調べました。実は何にもなくても水だけで作れるんですって!!知らないのは私だけだったんだろうか。目からウロコでした。

~材料(1人分)~
/エスプレッソ/
水140cc
粉末コーヒー20g

マックシェイクバニラS

※エスプレッソの作り方はバーテンダーのテンダリー宮崎 優子さんのYou Tube動画を参考にさせていただきました。
まずコップに水と粉末コーヒーを入れ、ラップをして冷蔵庫で12時間寝かす。12時間後濾して粉を取り除いてエスプレッソの完成。それを冷蔵庫でとにかくキンキンに冷やす!ちなみに作ったエスプレッソコーヒーは冷蔵庫で3日間くらいは持つらしいですよ!

写真:マクドナルドのマックシェイクS

ダッシュでマクドナルドに行きマックシェイクバニラのSを購入、なるべく早く解けないうちに、エスプレッソをマックシェイクに投入する。夏の夕方にマクドナルドに行ってしまったのでチャリで5分といえど、ちょっと溶けた感が否めません。

写真:クレーマディカフェをつくってみよう

家に帰ってキンキンに冷えたエスプレッソコーヒーを混ぜていきます。

写真:クレーマディカフェをつくってみよう

ただ、飲んだ感想は、、、これは、、、クレーマディカフェではないですね笑笑

これで再現できたら激推ししようと思ってたのですが笑

でも、味はとにかく美味しいです!!

誰にお勧めしたいかと言うと、作るのが少し面倒なので、もう、日本マクドナルドさんにお勧めしちゃいたいです笑 クレーマディカフェ味として笑
もしくは家でマックシェイクが少し溶けちゃったーなんて人にもお勧めですよ!
甘さがとても抑えられて、美味しくいただけます。
時代は期間限定のマスカット味。それを我慢して、作った甲斐はありました笑
よくよく考えたら、私たち日本国民は、結構容易くシェイクを購入できる素敵な環境なんだなーと感動しました笑

結論は、、、

”早く夏期のイタリアのバールでクレーマディカフェが飲みたい。”

です。

夏休みの自由研究に付き合っていただき、ありがとうございました。

写真:クレーマディカフェ
空港についた瞬間に買ったやつ。やっぱり町のバールの方がおいしいし安かった。。。

らっくあまるもはマーブリングアーティストです。イタリアとの繋がりも大切にしながら、日々アーティスト活動を行なっています。インスタグラムにて、投稿も随時していますので是非ご覧くださいね。

投稿者について

らっくあまるも
マーブリングアーティスト
2017年、フィレンツェの伝統工芸マーブリングの技術を習得するため、単身イタリアのフィレンツェへ移住。
日本へ帰国後は習得したマーブリングの技法を生かし、自身のアートプロダクト製作、
ワークショップ出演や展示、SNS等でのデモンストレーションを実演しながら、日本で活動するアーティストです。
アーティスト活動の原点である大好きなイタリアとのつながりや経験、自身のマーブリングアートに関する活動内容など、独自の視点で発信しています。