BLOG

らっくあまるものBLOG

静岡県障害者芸術祭とボーダレスなアート”マーブリング”

静岡県主催の「静岡県障害者芸術祭」では、文化芸術活動に取り組んでいる障害のある人の作品を展示されています。芸術活動の振興を図るとともに、障害の有無を超えた文化としての価値と魅力を伝える祭典となっております。幅広い層の参加者との交流と体感の場を設けることで、相互理解の促進と共生社会の実現を目指しています。
ボーダレスなアートという点でマーブリングの良さを評価いただきました。
マーブリングは障害者、またそうでない人、大人、子供、個人の器用さにあまり依存しないアートだと思っています。作る過程の意図と出来上がったものでは全く違う風合いになったり、またその偶然にできた模様が素敵だったり。このようにマーブリングは誰でも楽しめるアートです。ですので今回も難しい点や安全面をサポートしつつ楽しんでいただけるようにご用意いたしました。

静岡県障害者芸術祭でのマーブリングアートワークショップの様子

障害者とマーブリングアート視覚的な美しさの感じ方について

中には視覚障害を持つ方もおられるかと思います。障害といっても全盲の方から色覚障害まで個人差があります。今回のワークショップでは安全面や感じ方(視覚)の面でも事前に検討することが多く、勉強になったイベントです。
プログラムディレクターの中津川氏がブースにお立ち寄りくださったのですが、色の感じ方において、視覚過敏の方は障害を持っていない人の何倍にもなるということを教えていただいたことが印象深かったです。
マーブリングの体験過程ではたくさんの色彩を感じることができます。症状には個人差があるかと思いますが、その方にとっての心地よい色を選んでいただき、普段の生活では体験できない視覚を楽しんでいただければとても幸いです。
視覚過敏:自閉症スペクトラムやADHDをはじめとする、発達障害のある人が訴えることの多い症状です。感覚過敏は、感覚に偏りがあり、特定の刺激を過剰に受けとってしまうものです。ASD児は黄色が苦手で緑色を好む傾向があることがわかっています。

静岡県障害者芸術祭でのマーブリングアートワークショップの様子

マーブリングワークショップについて

マーブリングコースターづくりに挑戦

参加者の皆様にはコースターをおひとつ作っていただける。内容となっております。

安全面におけるボーダレスなアート体験のために

静岡県障害者芸術祭でのマーブリングアートワークショップの様子

今回のワークショップでは特に障害のある人も安全に楽しめるということに意識を向け、通常、柄を描くのは竹串を使うのですが、先が鋭利な為、安全面にも配慮し、マドラーもご用意させていただくことにしました。

お客様のお好きな時間に体験可能に

静岡県障害者芸術祭でのマーブリングアートワークショップ西部会場

また、開催時間を設定せず、お客様には先着50名様で随時マーブリングアートを体験していただける内容にいたしました。
4箇所で同時に体験いただくことが可能で、場合によって、お待ちいただくかたちになっております。

マーブリングした作品をすぐにお持ち帰りいただくことを実施

静岡県障害者芸術祭でのマーブリングアートワークショップのコースターを水面から引き上げた様子

絵の具を水面に散りばめ、模様を描き、作品に模様を写しとるマーブリングでは、作品を乾かす時間があることが理想ではあります。しかし、今回展示を見終わった方も来られるルートに体験ブースが位置しておりますので、作品の拭き取りと、持ち帰りの包装の工夫で制作した作品をすぐにお持ち帰りいただけるように対応させていただきました。

静岡県障害者芸術祭でのマーブリングアートワークショップ絵の具を持っている様子

今回の装飾について

静岡県障害者芸術祭の会期中は、マーブリングアートについてのご説明と、マーブリングプロダクトを設置させていただきました。

会場のマーブリング作品の装飾とマーブリングライト

スタンドライトの作品は自身で形状から設計したものとなっており、そこに、魅せ方を工夫しながら制作した大きなマーブリング紙を貼りつけた新作です。
らっくあまるものマーブリングの魅せ方で1番は光をマーブリングの色彩に通すことです。
ですのでそれを全面に押し出した作品となっております。
また、マーブリングの製作過程を写真を交えながら順番を追ってご紹介。色彩の緻密に絡まり合う様子がわかる作品を設置し、実際に感じていただけるように工夫しました。

制作過程の説明ボード”水面に色を散りばめます”
制作過程の説明ボード”串で模様を描きます”
制作過程の説明ボード”色彩が複雑に絡まり合います”
制作過程の説明ボード”紙をつけ色彩をうつしとります”

今後の予定

静岡県障害者芸術祭フライヤー

次回静岡県障害者芸術祭にてのマーブリングアート体験は2/11(土)東部会場のコミュニティながいずみにて開催いたします。
時間等の詳細につきましては、追って各種SNSや公式LINEより、ご連絡いたします。 変更等発生する場合がございますのでご了承くださいませ。

らっくあまるも公式LINE アカウントを運営しております。アート活動についてやイタリアについてなど月2回程度の情報をお届けいたします!ぜひお友達登録よろしくお願いいたします。

らっくあまるも公式LINEアカウントお友達登録用QRコード画像

【第24回 静岡県障害者芸術祭】
■場所 : コミュニティながいずみ(静岡県駿東郡長泉町下土狩1283−11)
■期間 : 2月10日(金)- 2月12日(日)
■マーブリング体験実施日程 : 2月11日(土)10:00-17:00予定 先着50名様
■特設ページ:https://findart.jp/syougeisai2022/

\西部会場の動画も公開中!!ぜひご覧ください/

静岡県障害者芸術祭YouTube動画用の取材の様子

富士山の写真当日は快晴でした。
当日は快晴でした。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。