未分類

Marbling

マーブリング とは、水面の上に絵具を落として、模様を描き、紙に映しとる技法のこと。現代美術の技法の一つとして位置付けられています。

起源は、15世紀のトルコのエブル紙とも、日本の墨流しとも言われている。正確な期限は明らかになっていない。

水面の糊はアグラという海藻の溶液であるのがフィレンツェの伝統とされている。(また、トルコでは、トラガントゴムやカラギーナン(食品添加物)の溶液を使用するそうです。)
絵具は、マーブリング 用絵具、顔料、水性、油性、アクリル(なんでも良いとされています。)とオックスギャル (牛の胆のう)を配合し調節したものを使います。

紙は絵具のノリの良いものを使用。
布にも着色は可能です。シルクなどは特に絵具のノリ、発色が良いです。

フィレンツェ マーブリング の歴史
イタリアには、1700年頃にトルコからヴェネツィアの港にたどり着き、職人の町のフィレンツェでは、製本職人によって受け継がれてきた。
現在フィレンツェ には、職人の数こそ減少しているものの、”Il papiro (イルパピロ)” という老舗をはじめとしたお土産物としてのマーブル紙の工房と製本工房がマーブル紙を制作している場合もある。

L’aquamarmo (らっくあまるも)は
イタリアでマーブリングの技法を習得し、現在は日本でオリジナルマーブリング紙を制作している作家です。
そして、そのデザインを使用したオリジナルアートやプロダクトを生み出しながら活動しています。

プロダクト

マーブル原紙

ピアス、イヤリング、アクセサリー等

ご祝儀袋、ポチ袋

マーブリング絵画、額装

マーブリングデザイン

スマートフォンケース印刷

フォトアクリル

オリジナルファブリック

活動経歴

2019年 一般社団法人Honmono 協会 1期生
2019年 台東区デザイナーズビレッジ クリエイター起業塾 6期生
2020年2月 原宿デザインフェスタギャラリー EAST101 ”WMWM展”
2020年9月 ガレリア表参道原宿 「Creations’」 予定

委託販売先

日本

大阪 千里山 Play Hair Maif アクセサリー
京都 四条烏丸 カオニャオヒルズ アクセサリー
神戸 北野 小さなあとりえ*蕾 紙製品

イタリア

フィレンツェ Cool Around U  アクセサリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です